NYパラジューム : 纽约钯金 : NYMEX Palladium

NYパラジューム先物・P&Fでトリプルトップ超え、PFターゲット1260ポイント/NYMEX Palladium Future daily data; the market price went over triple top and the P&F target price is 1260point. /纽约钯金。P&F分析。市场价格走了过去三尊头。目标价为1260点。

2014/03/25

NYパラジューム先物・P&Fでトリプルトップ超え、PFターゲット1260ポイント

NYMEX Palladium Future daily data; the market price went over triple top and the P&F target price is 1260point.

纽约钯金。P&F分析。市场价格走了过去三尊头。目标价为1260点。

 

本日はNYパラジューム先物日足の分析です。

強烈な強気シグナルです。

Today, we analyze NYMEX Palladium Future daily data.

This is strong bullish signal.

1枠5ポイント、3枠転換の終値ポイントアンドフィギュアです。

33枠持ち合いからのブレークをしています。

水平分析のターゲットは1260ポイントになります。

この手前にレジスタンスポイントの965ポイントがあります。

This is 5 point change and 3 box reversal close price’s Point and Figure chart.

The market price breaks out from 33 boxes steadiness.

The target price is 1260 point calculated by horizontal method.

There is a resistance point at 965 point.

PF

 

相場分析のリクエストがありましたら“Contact Us”からお知らせください。ご要望にお応えできるように努力いたします。

このブログはあくまでも個人的な見解であり、投資判断は各自でお願い致します。当ブログは一切の投資損益に対する責任を負いません。

ホームページに来て下さってありがとうございます。明日もよろしくお願いいたします。

If you have some request to analyze, please write to “Contact Us”.

We do best effort for your request.

These are only personal opinions on this blog, and you need the investment judgment in each one. This blog doesn’t assume the responsibility to all the investment profit and loss.

Thank for watching our contents. My best regards next day.

如果您需要行情分析,请点击“Contact Us”联系我们。我们将尽力满足您的要求。

本博客仅为个人意见,请各自做出投资判断。本博客概不对任何投资盈亏负责。

感谢您访问本博客。欢迎再次使用。


ドラッケンミラーさんは「将来的にみると、商品は毒を含んだカクテルだ」と言いました。検証します。その2/Mr. Druckenmiller Says “It’s a poisonous cocktail when you look at commodities going forward” and we verify it. Part 2./德鲁肯米勒先生说:“这是一种有毒的鸡尾酒,当你在看商品未来。”验证那个。那个2。

2013/06/11

ドラッケンミラーさんは「将来的にみると、商品は毒を含んだカクテルだ」と言いました。検証します。その2

Mr. Druckenmiller Says “It’s a poisonous cocktail when you look at commodities going forward” and we verify it. Part 2.

德鲁肯米勒先生说:“这是一种有毒的鸡尾酒,当你在看商品未来。”验证那个。那个2。

 

先週のベリタス「ヘッジファンドの皮算用」21ページに登場に気になる記事がありました。

ドラッケンミラーさんは「将来的にみると、商品は毒を含んだカクテルだ」と言ったそうです。

ドラッケンミラーさんは伝説の投資家です。

このような有名な方が言ったことが気になった時は、私たちは自分でモデルを組み立てて検証します。

ただし、モデルを組み立てるまでには時間がかかるので、本日まで検証が延びてしまいました。

本日は、米商品市場の代表的な銘柄の月足線を使い分析します。

Last week NIKKEI Veritas article “The unreliable account of a hedge fund” (P21) was very worrisome.

Mr. Druckenmiller Says “It’s a poisonous cocktail when you look at commodities going forward”.

Mr. Druckenmiller is legendary investor.

When what such a more famous one said is worrisome, we build up our original verify model.

But it takes much time and now we can provide it.

Today, we analyze the typical commodity brand of U.S. market using the monthly data.

チャートは月足終値です。

この手の分析を行うためには基点がとても大切です。

今回は2007年01月を基点としました。

昨日に続き、リーマンショック以前に高値をつけた銘柄について検証します。

該当するのは、シカゴ小麦、ニューヨーク原油、ニューヨーク白金です。

These are monthly close data chart.

It is important that where do we use the chart basis.

We used 01/2007 as starting basis.

Following last day, we verify the market bland taking the highest before Lehman shock.

It is the Chicago wheat, New York crude oil, and New York platinum that correspond.

ドラッケンミラーさんの検証に使うのは「半値押しは全値押し」です。

未だ持ち合い相場です。

結論としては下にいくかもしれないし、上にいくかもしれないということです。

We use “Half-the-price recovery is all the value recovery” verifying Mr. Druckenmiller.

These markets are steadiness and may go higher or lower in future.

昨日の検証も踏まえると、「毒入りカクテル」というのは無いように見えます。

どの銘柄も新高値はとっても、リーマンショックの安値を切っていないことがポイントです。

「毒入りカクテル」として考え出すのは、リーマンショックの安値を割り込んだ時として、強気を維持したいと思います。

Our conclusion is “there are no poisonous cocktail”

As for every brand, the new high has taken and not cut the low price of the Lehman shock at all.

If the market price will cut the lowest price after Lehman shock, we will start to think about “poisonous cocktail” and we are bullish until then.

CHART

 

相場分析のリクエストがありましたら“Contact Us”からお知らせください。ご要望にお応えできるように努力いたします。

このブログはあくまでも個人的な見解であり、投資判断は各自でお願い致します。当ブログは一切の投資損益に対する責任を負いません。

ホームページに来て下さってありがとうございます。明日もよろしくお願いいたします。

If you have some request to analyze, please write to “Contact Us”.

We do best effort for your request.

These are only personal opinions on this blog, and you need the investment judgment in each one. This blog doesn’t assume the responsibility to all the investment profit and loss.

Thank for watching our contents. My best regards next day.


© 2018 Retar