2014/12

日経平均年足の分析(1)・来年は陽線坊主の可能性あり/NIKKEI 225 annual No.1; the next year may be white candle stick without shadow. /日经225。年K的分析。第1部。明年可能是白色的烛台没有阴影。

2014/12/31

日経平均年足の分析(1)・来年は陽線坊主の可能性あり

NIKKEI 225 annual No.1; the next year may be white candle stick without shadow.

日经225。年K的分析。第1部。明年可能是白色的烛台没有阴影。

 

本日は日経平均年足についてです。

1950年以降のデータについて調査しました。

Today’s analyze is NIKKEI 225 annual.

We surveyed after 1950’s.

 

2013/12/26のレポートでは、「来年または再来年のどちらかは爆騰の可能性大」と報告しています。

今年の年足は、長い下ヒゲを残したため、爆騰とは言えません。

このため、経験則では翌年は爆騰の可能性が生まれます。

We reported “the next or the year after next will jump again” in 12/26/2013.

This year’s candle stick remains long lower shadow and not a big jump.

So there may come a big jump; next year may be a white candle stick without shadow.

 

<2014>

2014

 

2014年のように前々年に爆騰せず、前年に爆騰し、今年爆騰しなかった年は1979,1977,1970,1961,1959になります。(2013/12/26のレポート参照)

翌年のパフォーマンス(ろうそく足の実体の%)はそれぞれ78%(陽線),92%(陽線),93%(陽線),1%(陰線),100%(陽線)です。

4/5は良いパフォーマンスですが、1962年だけがマイナスでした。(チャートは月足です)

The similar year as 2014 are 1979, 1977, 1970, 1961 and 1959. (See 12/26/2013)

Each of the performance (Candle stick body) are 78%(White), 92%(White), 93%(White), 1%(Black) and 100%(White).

4/5 are good performance but only 1962 was bad. (CHARTs are monthly data)

 

<2014>

2014M

 

< 1979>

1979

 

<1977>

1977

 

<1970>

1970

 

<1961>

1961

 

<1959>

1959

 

相場分析のリクエストがありましたら“Contact Us”からお知らせください。ご要望にお応えできるように努力いたします。

このブログはあくまでも個人的な見解であり、投資判断は各自でお願い致します。当ブログは一切の投資損益に対する責任を負いません。

ホームページに来て下さってありがとうございます。明日もよろしくお願いいたします。

If you have some request to analyze, please write to “Contact Us”.

We do best effort for your request.

These are only personal opinions on this blog, and you need the investment judgment in each one. This blog doesn’t assume the responsibility to all the investment profit and loss.

Thank for watching our contents. My best regards next day.

如果您需要行情分析,请点击“Contact Us”联系我们。我们将尽力满足您的要求。

本博客仅为个人意见,请各自做出投资判断。本博客概不对任何投资盈亏负责。

感谢您访问本博客。欢迎再次使用。


ドル円1時間足P&F。レンジ臭い。120.70円でトリプルトップ。サポート118.30-117.30円/USDJPY hourly P&F; now seems to be range market and the market price took triple top at 120.70yen and the support zone will be 118.30 to 117.30yen. /美元/日元。P&F分析。现在似乎是市场的范围。市场价格采取了三重顶的120.70日元。支持区将118.30日元至117.30日元。

2014/12/30

ドル円1時間足P&F。レンジ臭い。120.70円でトリプルトップ。サポート118.30-117.30円

USDJPY hourly P&F; now seems to be range market and the market price took triple top at 120.70yen and the support zone will be 118.30 to 117.30yen.

美元/日元。P&F分析。现在似乎是市场的范围。市场价格采取了三重顶的120.70日元。支持区将118.30日元至117.30日元。

 

本日はドル円1時間足についてです。

Today, we analyze USDJPY hourly.

 

1枠0.1円、3枠転換の終値ポイントアンドフィギュアです。

1時間足を使用しオセアニア時間帯を省いています。

レンジ相場の様相です。

2014/12/23に「ドル円1時間足P&F。レジスタンス120.70円、121.60円」とレポートしていた通りになりました。

120.70円でトリプルトップをつけました。

120.70円より上がブレークポイントとなり、買いやすいと思います。

一方、サポートゾーンは、118.30円から117.30円です。

この付近からの下は、反騰しやすいため売り残さないようにしたいと思います。

This is 0.1 price change and 3 box reversal close price’s Point and Figure chart.

We used hourly data and the Oceania time zone market price is pulled out.

Now seems to be range market.

We reported “USDJPY hourly P&F; resistance point is 120.70yen and 121.60yen” in 12/23/2014.

The market price took triple top at 120.70yen.

And 120.70yen will be breaking point and will be easy to entry.

The support point is from 118.30yen to 117.30yen.

Under this zone, the price may be sharp recovery and we should not keep short.

PF

 

相場分析のリクエストがありましたら“Contact Us”からお知らせください。ご要望にお応えできるように努力いたします。

このブログはあくまでも個人的な見解であり、投資判断は各自でお願い致します。当ブログは一切の投資損益に対する責任を負いません。

ホームページに来て下さってありがとうございます。明日もよろしくお願いいたします。

If you have some request to analyze, please write to “Contact Us”.

We do best effort for your request.

These are only personal opinions on this blog, and you need the investment judgment in each one. This blog doesn’t assume the responsibility to all the investment profit and loss.

Thank for watching our contents. My best regards next day.

如果您需要行情分析,请点击“Contact Us”联系我们。我们将尽力满足您的要求。

本博客仅为个人意见,请各自做出投资判断。本博客概不对任何投资盈亏负责。

感谢您访问本博客。欢迎再次使用。


© 2018 Retar