2018/10

日経平均週足・羽黒1号線・23000円は鉄板天井・上値は重い、今週の高値(22959.41円)を実体抜きすれば強気

2018/10/19

日経平均週足・羽黒1号線・23000円は鉄板天井・上値は重い、今週の高値(22959.41円)を実体抜きすれば強気

N225 weekly is “HAGURO” No.1 formation; rally seems to be difficult and 23000yen around will be “Iron plated” resistance.

日经225。羽黑1号线。23000日元左右是非常的阻力。

 

結論は、23000円は鉄板天井、上値は重い。

今週の高値(22959.41円)を実体抜きすれば強気だが、それは即ち23000円の実体抜き。

とにもかくにも、「23000円問題」(2018/1/4)が再び示現しました。

Our conclusion is rally seems to be difficult and 23000yen around will be “Iron plated” resistance.

In any way, “The problem of 23000 yen” (See 1/4/2018) comes back.

 

日経225週足線は羽黒1号線となりました。

日経225週足線では400週で羽黒1号線は24回出現しています。

「日経225週足線では400週で羽黒1号線は25回出現しています。羽黒足の決定的なフォーメーションです。パターンとしては2通り。天井を示すか、星の地点のように翌週に新高値をともない抜けるかです。」(2018/5/3)

しかし、実体抜きすると言うのは、いつもの23000円をズドンと抜けることなのです。

レジスタンスを確認して「Sell on high」がいいとみています。

In this week, N225 formed “HAGURO” No. 1 formation.

In past 400 weeks, N225 price formed “HAGURO” No. 1 formation was 24 times.

We reported “In past 400 weeks, N225 price formed “HAGURO” No.1 formation was 25 times. This is critical “HAGURO” pattern. There are two types; taking higher with white candle stick or peaked out” in 5/3/2018.

But “cutting shadow with candle stick body” will mean 23000yen over in close price.

We think “Sell on high” will work well.

chart1_convchart2_conv

 

★★レポート作成時データのダウンロード★★

ブログで使用したデータをダウンロードしていただけます。

内容により非提供の場合があります。

 

相場分析のリクエストがありましたら“Contact Us”からお知らせください。ご要望にお応えできるように努力いたします。

このブログはあくまでも個人的な見解であり、投資判断は各自でお願い致します。当ブログは一切の投資損益に対する責任を負いません。

ブログに来て下さってありがとうございます。明日もよろしくお願いいたします。

If you have some request to analyze, please write to “Contact Us”.

We do best effort for your request.

These are only personal opinions on this blog, and you need the investment judgment in each one. This blog doesn’t assume the responsibility to all the investment profit and loss.

Thank for watching our contents. My best regards next day.

如果您需要行情分析,请点击“Contact Us”联系我们。我们将尽力满足您的要求。

本博客仅为个人意见,请各自做出投资判断。本博客概不对任何投资盈亏负责。

感谢您访问本博客。欢迎再次使用。


シカゴ大豆期近日足・ダブルボトムからの反転・しばらくのメインシナリオは910ポイントから800ポイント程度までの持ち合い相場・崩れると底なし感

2018/10/18

シカゴ大豆期近日足・ダブルボトムからの反転・しばらくのメインシナリオは910ポイントから800ポイント程度までの持ち合い相場・崩れると底なし感

Chicago soybean nearby month daily; this market took double dip and now seems to be steadiness from 910 point to 800 point.

芝加哥大豆。这个市场经历了双重下跌。现在似乎从910点稳定到800点。如果它进一步下降,它就会越来越下。

 

本日はシカゴ大豆期近日足を分析しています。

結論はレンジを切り下げ持ち合いになったとみています。

レンジブレークへの観察が必要です。

Today, we analyze Chicago soybean nearby month’s daily price.

Our conclusion is now is range market from 910 point to 800 point.

And we need to watch the price will get lower or not.

 

ポイントはレンジを切り下げた点です。

最近にはなかった安値であり、800ポイント割れはリーマンの時でも一瞬しかつけなかった値段であり、要注意の領域です。

月足ではダブルボトムとなっているため、底打ちの可能性もありますが、いきなり実体抜きすると「底なし」となりえます。

Notable point the price change the range.

Now is the lowest zone and 800 point will be strong support.

In monthly chart, the price forms double dip and if the price will cut it, we cannot estimate the bottom.

chart1_conv

chart2_conv

 

1枠25pt、3枠転換の終値ポイントアンドフィギュアです。

800ポイントから900ポイント程度の持ち合いを示唆しています。

上に崩れても下に崩れても興味深い状況です。

最近まで鉄板底となっていた900ポイントを超えてこなければ反転を確認できない状況です。

800ポイントを超えて割り込むと底なし感がでます。

This is 25pt change and 3 box reversal close price’s Point and Figure chart.

Now seems to be steadiness from 800point to 900 point.

PF_conv

 

★★レポート作成時データのダウンロード★★

ブログで使用したデータをダウンロードしていただけます。

内容により非提供の場合があります。

 

相場分析のリクエストがありましたら“Contact Us”からお知らせください。ご要望にお応えできるように努力いたします。

このブログはあくまでも個人的な見解であり、投資判断は各自でお願い致します。当ブログは一切の投資損益に対する責任を負いません。

ブログに来て下さってありがとうございます。明日もよろしくお願いいたします。

If you have some request to analyze, please write to “Contact Us”.

We do best effort for your request.

These are only personal opinions on this blog, and you need the investment judgment in each one. This blog doesn’t assume the responsibility to all the investment profit and loss.

Thank for watching our contents. My best regards next day.

如果您需要行情分析,请点击“Contact Us”联系我们。我们将尽力满足您的要求。

本博客仅为个人意见,请各自做出投资判断。本博客概不对任何投资盈亏负责。

感谢您访问本博客。欢迎再次使用。


© 2018 Retar