Retar.jpが考える相場とは(10)・楽しい楽しい損切と利益確定からメカニズムを知る(1)

2019/02/05
Read the rest of this entry »

Retar.jpが考える相場とは(10)・楽しい楽しい損切と利益確定からメカニズムを知る(1)

Meaning of the market we are thinking. No.10; Loss cutting is Happy Occasion and how to take profit (1)

什么是投资市场? (10)。快乐的”截断亏损”和“利润”(1)。

 

Today’s report is Japanese only.

前回までで、フレームワークの中核「信号機システム」を説明してきました。

信号機システムがあるからこそ、自分の置かれた状況を完全に把握できます。

信号機システムはシミュレータのアルゴリズムを応用したものです。

素敵なシミュレータを製造する参考に使ってみてください。

もちろん、食事ルールとかでもいいと思いますが、家族関係はギスギスするかもしれません。

chart1_conv

 

今回はSR56、LR56の中でも最も大切な損切ルール(SR56L、LR56L)と利食いルール(SR56P、LR56P)について説明していきます。(Retar.jp内部では通称「56ルール」)

特に今回紹介中のシステムでは、あえて「楽しい楽しい損切」としています。

確かにお金を減らすことが「損切」であって、「楽しいものではない」という感覚です。

今回紹介するシステムは「またエントリーして、利益を得られることの方が多いから、はやく腐れ玉からバイバイ(@^^)/~~~」した方が儲かる仕組みです。

ろくでもない建玉から、お別れできて「楽しいね」ということです。

 

その理由について説明していきます。

「ある銘柄が下落し始めれば、どこまで下落するかはだれにもわからない。同様に、長期にわたる上昇トレンドに乗った銘柄が、どこで天井をつけるかだれにも言い当てられないのである」(ジェシー・リバモア)

1920、30年代に活躍した伝説の投資家の名言だと思います。

史上最強のリバモアさんでも、できないことですから、できないということなのでしょう。

紹介中のシステムも「天底はどこかわかりません」というコンセプトです。

「天底がわからないのに、相場で儲けることができるのか?」ということになりますが、結論から言うと間違いなくできます。

 

では、何をして儲けるかというと、以下の2つです。

1. 上がりはじめた相場をできるだけ早くに検知して、買いでついて行く。天井らしきところで利食う。

2. 下がりはじめた相場をできるだけ早くに検知して売りでついて行く。底らしきところで利食う。

 

ところがです。

「上(下)がり始めた相場をできるだけ早くに検知」しようとすると、間違います。

勝てる可能性の高いエントリーをしていますが、読者は違うと思いますが、何しろ一介の路傍の石が、未来を予想するので本当に良く間違います。

「間違うなんて恥ずかしー」と思うかもしれませんが、そういうものです。

間違ったら問答無用の「楽しい楽しい損切」です。

「間違ったのだから仕方ない」と割り切っているだけです。

相場など幾らでもチャンスはありますし、「後後、たっぷりと儲けさせていただける」と確信があるから「損切」できます。

だから、目標は複数回のトレードが終えてみると「何だかお金が増えている」です。

途中に何回かの「損切」や「同値撤退」のくたびれ儲けはありますが、最終的には儲かっているのが、今回のシステムです。

 

例えば、2019/1/23のUSDJPY15分足のトレードでは、2回の投資機会がありました。

1回目はやっていればトントンか損切になりましたが、2回目は利益を確保しました。

1回目で「くたびれもうけの損」をした後に、2回目で「ごちそうさま」です。

ここで大切なことは2回目ができたことです。

1回目のチャンスから2回目のチャンスまで、あまり時間はありませんでした。

損切できてポジションが無かったから、2回目のトレードにエントリーできました。

もし、損切できていなければ、「上がっていく~。ドンドン損が膨らむよ~」となり2回目のトレードに入れません。

さらに、損害は膨らむと元に、エントリー前に戻るまでの空しいトレードと時間にエネルギーが費やされます。

この場合は、スッキリと損切っていたので、2回目のチャンスに入れたのでした。

chart2

 

今回紹介するシステムは、特に一方向の大きな値動きのある相場についていくのが得意です。

例えば2019年年初のフラッシュクラッシュでは、売りシグナル直後に売れば、利益が得られたはずです。

流動性が枯渇する前に売りでエントリーできていたはずなので、Very Good Jobになっていたはずです。

chart3

 

以上から、システムのコンセプトをまとめると以下になります。

1. 上手くいかなければポジションクローズ、つまり、損切

2. 大きく動いて、儲けられそうなときはシッカリと

3. 普段のトレードは何となく儲けている

次回は「楽しい楽しい損切と利益確定からメカニズムを知る」の続きです。

 

★★レポート作成時データのダウンロード★★

ブログで使用したデータをダウンロードしていただけます。

内容により非提供の場合があります。

 

相場分析のリクエストがありましたら“Contact Us”からお知らせください。ご要望にお応えできるように努力いたします。

このブログはあくまでも個人的な見解であり、投資判断は各自でお願い致します。当ブログは一切の投資損益に対する責任を負いません。

ブログに来て下さってありがとうございます。明日もよろしくお願いいたします。

If you have some request to analyze, please write to “Contact Us”.

We do best effort for your request.

These are only personal opinions on this blog, and you need the investment judgment in each one. This blog doesn’t assume the responsibility to all the investment profit and loss.

Thank for watching our contents. My best regards next day.

如果您需要行情分析,请点击“Contact Us”联系我们。我们将尽力满足您的要求。

本博客仅为个人意见,请各自做出投资判断。本博客概不对任何投资盈亏负责。

感谢您访问本博客。欢迎再次使用。

© 2019 Retar