日経平均週足・羽黒10(14)号線・23000円から離れるような上げなら乗りたいが、上値は重いはず・2007年天井には既視感も

2018/06/22

日経平均週足・羽黒10(14)号線・23000円から離れるような上げなら乗りたいが、上値は重いはず・2007年天井には既視感も

NIKKEI 225 weekly is “HAGURO” No.10(14) formation; if the price will jump 23000yen over in close weekly price, rally will start but upper side will be limited; now may be déjà vu of 2007.

日经225。羽黑10(14)号线。如果本周最终价格高于23000日元上涨,就反弹将开始。但上限是有限的。现在可能2007年的似曾相识的感觉。

 

結論は23000円を週末終値で、わかりやすく抜かない限り弱気。

3週連続で同じ分析です。

Until the price will clearly cut 23000yen over in weekly close price, we are bearish.

We conclude same in these three weeks.

 

日経225週足線は羽黒10(14)号線となりました。

日経225週足線では600週で羽黒10(14)号線は19回出現しています。

10(14)号線が出て、しっかりとした上抜けやあれば強気です。

しかし、上値が重くなるのが普通です。

強烈なのは、例えば「X」地点などのようなのもあります。

また、2007年天井ではA地点で上抜け、B地点から下げはじめています。

現在も似たようなチャートフェースで既視感があります。

In this week, N225 formed “HAGURO” No. 10 (14) formation.

In past 600 weeks, N225 price formed “HAGURO” No.10 (14) formation was 19 times.

If the price will jump and cut 23000yen over in weekly close price, we can be bullish.

But rally was often difficult.

The most extreme case was “X” point.

And now seems to be similar to “A” and “B” case.

chart1_convchart2_convchart3_conv

 

★★レポート作成時データのダウンロード★★

ブログで使用したデータをダウンロードしていただけます。

内容により非提供の場合があります。

 

相場分析のリクエストがありましたら“Contact Us”からお知らせください。ご要望にお応えできるように努力いたします。

このブログはあくまでも個人的な見解であり、投資判断は各自でお願い致します。当ブログは一切の投資損益に対する責任を負いません。

ブログに来て下さってありがとうございます。明日もよろしくお願いいたします。

If you have some request to analyze, please write to “Contact Us”.

We do best effort for your request.

These are only personal opinions on this blog, and you need the investment judgment in each one. This blog doesn’t assume the responsibility to all the investment profit and loss.

Thank for watching our contents. My best regards next day.

如果您需要行情分析,请点击“Contact Us”联系我们。我们将尽力满足您的要求。

本博客仅为个人意见,请各自做出投资判断。本博客概不对任何投资盈亏负责。

感谢您访问本博客。欢迎再次使用。

日経平均日足・1987年相場・23000円、24200円は3手離れをもって一気に抜けていくようなところだった

2018/06/21

日経平均日足・1987年相場・23000円、24200円は3手離れをもって一気に抜けていくようなところだった

Nikkei 225; Reviewing 1987; rally was accreted 23000yen and 24200yen around.

日经225。1987年回顾。反弹是23000日元和24200日元。

 

結論は1987年当時、23000円(現在のレジスタンス)と24200円(2018年初来高値付近)は3手離れをもって一気に抜けるところだった。

1987年と言えばブラックマンデー。

一気に下げた後20000円を割らずに新高値に向かったのは現在と似ていると言えば似ている。

つまり、23000円、24200円を超えていくのであれば、トレンドフォローしやすいとみています。

Reviewing 1987, rally was accreted 23000yen and 24200yen around.

“Black Monday” was occurred in 1987.

It was mess but the price did not cut 20000yen and this occasion is similar to now.

If the price will cut 23000yen and 24200yen, we can easily follow.

chart1_conv

 

節目の20000円、最近のレジスタンスの23000円、年初来高値の24200円に横線を入れています。

また、流行りの「79手」で休みに、1987年に新高値を抜いた128手にも印を入れています。

「私たちが学習したことは「23000円以上は陶酔の世界」らしい。」(2018/6/20)

と学んできましたが、陶酔の世界に入るには勢いが必要なようです。

We line 20000yen (Physical support), 23000yen (The latest resistance) and 24200yen (Year high).

And we also mark 79 business days and 128 business days. (Taking new high after “Black Monday”)

We reported ‘we studied “23000yen over is euphoria”’ in 6/20/2018 and there need momentum for cutting this zone.

chart2_convchart3_conv

 

★★レポート作成時データのダウンロード★★

ブログで使用したデータをダウンロードしていただけます。

内容により非提供の場合があります。

 

相場分析のリクエストがありましたら“Contact Us”からお知らせください。ご要望にお応えできるように努力いたします。

このブログはあくまでも個人的な見解であり、投資判断は各自でお願い致します。当ブログは一切の投資損益に対する責任を負いません。

ブログに来て下さってありがとうございます。明日もよろしくお願いいたします。

If you have some request to analyze, please write to “Contact Us”.

We do best effort for your request.

These are only personal opinions on this blog, and you need the investment judgment in each one. This blog doesn’t assume the responsibility to all the investment profit and loss.

Thank for watching our contents. My best regards next day.

如果您需要行情分析,请点击“Contact Us”联系我们。我们将尽力满足您的要求。

本博客仅为个人意见,请各自做出投资判断。本博客概不对任何投资盈亏负责。

感谢您访问本博客。欢迎再次使用。

© 2018 Retar