東京円建て先物金月足・ベアマーケットなら新安値へ実体抜きするもの・月末4400円を維持できるなら強気・NYゴールドと並びサマーバーゲンでは?

2018/07/20

東京円建て先物金月足・ベアマーケットなら新安値へ実体抜きするもの・月末4400円を維持できるなら強気・NYゴールドと並びサマーバーゲンでは?

Tokyo market gold monthly; if the price will keep 4400yen over in monthly close price, we are bullish; now seems to summer bargain sale like NY Gold.

东京市场的黄金。如果价格将以这月收盘价保持4400日元,就牛市。现在纽约黄金看来像夏季大减价。

 

結論は4400円を月足終値で維持できれば強気。円ベースでもバーゲンセール臭い。

「NY金週足トレンドライン・想定していたバーゲン・1200ポイントミドル割れは買い場では」(2018/6/23)

Our conclusion is if the price will keep 4400yen over in monthly close, we are bullish and this market seems summer bargain sale like NY Gold.

We reported “NY GOLD Weekly Trend Line; Now is expected bargain sale; cutting 1200 point middle around will be buying phase” in 6/23/2018.

 

トレンドラインです。

金に対して強気な理由は赤丸地点で最外郭を超えたからです。

また、2012年高値と安値の半値を維持しており、半値を維持しているので、強気になれます。

つまり、弱気になるならば、1.半値を割ること(4400円割れ)、2.最外郭のサポート割れ(4000円割れ)が起こらない限り、強気を維持したいと思います。

This is trend line analysis.

The reason why we become bullish is the price cut the most outer line.

And the now is “Engulfing” in 2012 price and the price keep “The half price”.

If this market will be bearish, there will need two conditions; 1. Cutting the half price (4400Yen) or 2. Cutting the most outer support (4000Yen around)

chart1_conv

 

底打ちしたときの陽線坊主からの直近最安値との関係は注目に値します。

安値を実体抜きするような時は、底値を探る動きになるようです。

4400円のサポートはちょっと「怪しいさん」ですが、現状はで一番はっきりしているのは4050円。

この地点を割り込まなければ強気です。

つまりサマーバーゲンの局面だとみています。

We find out the relation between white candle stick without upper shadow and the latest lowest.

When the market condition is bear, the candle stick cuts the lowest with black body.

In the latest market, 4400 Yen looks like the bottom and the obvious bottom is 4050yen.

Unless the price cut it, we are bullish.

So, we think now is summer bargain.

chart2_convchart3_convchart4_conv

 

★★レポート作成時データのダウンロード★★

ブログで使用したデータをダウンロードしていただけます。

内容により非提供の場合があります。

 

相場分析のリクエストがありましたら“Contact Us”からお知らせください。ご要望にお応えできるように努力いたします。

このブログはあくまでも個人的な見解であり、投資判断は各自でお願い致します。当ブログは一切の投資損益に対する責任を負いません。

ブログに来て下さってありがとうございます。明日もよろしくお願いいたします。

If you have some request to analyze, please write to “Contact Us”.

We do best effort for your request.

These are only personal opinions on this blog, and you need the investment judgment in each one. This blog doesn’t assume the responsibility to all the investment profit and loss.

Thank for watching our contents. My best regards next day.

如果您需要行情分析,请点击“Contact Us”联系我们。我们将尽力满足您的要求。

本博客仅为个人意见,请各自做出投资判断。本博客概不对任何投资盈亏负责。

感谢您访问本博客。欢迎再次使用。

日経平均年足(11)・ヴェリタス2018/7/15日号2P・専門家による「高値―安値」予想・平均的なイメージは秋口に安値、年末に尻上がりのハラミ予想

2018/07/19

日経平均年足(11)・ヴェリタス2018/7/15日号2P・専門家による「高値―安値」予想・平均的なイメージは秋口に安値、年末に尻上がりのハラミ予想

NIKKEI 225 annual No.11; Nikkei Veritas article: “Professional Forecast”; Average image is later of this year will be calm.

日经225。年K的分析(11)。据日经Veritas 2018年7月15日号第2页的“专家预测”。

 

結論は、専門家によれば「日経平均は秋口までに安値、年末に向けて尻上がりが平均的なイメージ」。

「2万円割れはあっても一瞬、新高値含み」という感じでしょう。

「日経平均年足の分析(10)・1950年以降・今のところ1月に年初来高値、5,6月に戻り高値というのは1990年バブル崩壊、2008年リーマンショックに似ている」(2018/7/3)

「強烈な相場」と「つまらない相場」は紙一重です。

月足終値で、どうしても23000円を超えられない、20000円割れがあれば、強烈な方だとみています。

Our conclusion is Japanese Professional main scenario is later of this year will be calm market.

They think “the price may cut 20000yen once and may take new high”.

We reported “NIKKEI 225 annual No.10; After 1950, year high was January and recovery high was June or May; this occasion is similar to 1990 and 2008” in 7/3/2018.

We do not know “Black Swan” will come or not.

If the price will cut 20000yen or will not go 23000yen over in monthly close price, these occasion may start of “Big fall”.

 

日経ヴェリタス2018/7/15日号2P・専門家による「高値―安値」予想が載っていました。

おおよそ「平均的なイメージは秋口に安値、年末に尻上がりのハラミ予想」でした。

「悪いことが起こらない」前提ですが、チャートフェースは「悪いことが起こった年となんとなーく似てきている」のも点も強調したいと思います。

Nikkei Veritas article, “Professional Forecast” says later of this year will be calm.

Their main scenario is the price will take lowest at the end of the summer and the price will take higher at the end of this year.

They think condition will not get worse but we want to emprise “Now is similar to 1990 and 2008” chart.

chart1_convchart2_conv

 

★★レポート作成時データのダウンロード★★

ブログで使用したデータをダウンロードしていただけます。

内容により非提供の場合があります。

 

相場分析のリクエストがありましたら“Contact Us”からお知らせください。ご要望にお応えできるように努力いたします。

このブログはあくまでも個人的な見解であり、投資判断は各自でお願い致します。当ブログは一切の投資損益に対する責任を負いません。

ブログに来て下さってありがとうございます。明日もよろしくお願いいたします。

If you have some request to analyze, please write to “Contact Us”.

We do best effort for your request.

These are only personal opinions on this blog, and you need the investment judgment in each one. This blog doesn’t assume the responsibility to all the investment profit and loss.

Thank for watching our contents. My best regards next day.

如果您需要行情分析,请点击“Contact Us”联系我们。我们将尽力满足您的要求。

本博客仅为个人意见,请各自做出投资判断。本博客概不对任何投资盈亏负责。

感谢您访问本博客。欢迎再次使用。

© 2018 Retar