分析手法 : Analyzing way

Twitterフォロワーの分析をしよう(3)

2019/11/12

Twitterフォロワーの分析をしよう(3)

Let’s analyze Twitter followers! (3)

让我们来分析Twitter的追随者!(3)

 

This contents is Japanese Only.

Twitterフォロワーの分析をしよう(1)

Twitterフォロワーの分析をしよう(2)

 

どうするかの方針を決定したので後はひたすら作業です。

開発中は、走りながら開発するスタイルをとったので、どうして良いものかハッキリしませんでした。

しかし、原稿執筆時は、何をするかを決め、狙いを定めた後は、粛々と作業をすすめるだけになり、作業です。

こういった点は、検証を重ね、実際に使う投資システムとソックリですね。

 

インストール前の準備

前もって準備していただきたいのは、Windows10とExcel。

Excelが無い場合はフリーのテキストエディタですが、操作性が落ちます。

それにTwitterの開発者アカウントを取得しておき、Appを設置しておきます。

結果はUNICODEのテキスト出力されてくるので、結果の読み出しツールとして利用します。

Twitterで利用されている文字は、UNICODEであり、WindowsのSJIS範囲では足りません。

また、誰にでも汎用で使えるようにするツールとしては、それぞれのアカウントごとに運用方針が異なるので、GUIのインターフェースを作るつもりはありませんでした。

今回のツールの特徴は、フォロー、アンフォローを伴う操作はミスが無いように「まとめて後で」です。

 

ダウンロード

バイナリファイルのダウンロードページは以下に用意しました。

https://www.retar.jp/?page_id=18093

ソースはGitHubにあります。

https://github.com/devel-retar-jp

直接リンクは以下になります。

https://www.retar.jp/apps/TwitterAnalyzeToolKit.msi

ダウンロードすると「TwitterAnalyzeToolKit.msi」ファイルが保存されます。

chart0

chart1

 

そのままインストールしてもいいのですが、ここではMD5のチェックサムを利用してみましょう。

そのままダブルクリックでインストールに進むこともできますが、Retarがインストーラーを作った後に、改ざんされていないことの検証です。

作業は「c:\Twitter」フォルダで行います。

chart2

 

ファイルから「Windows PowerShellを開く」を選択します。

PowerShellを使いますので慣れてください。

chart3

 

起動したら、以下を打ち込み、エンターキーを押します。

PS C:\Twitter> certutil -hashfile .\TwitterAnalyzeToolKit.msi MD5

chart4

 

Webページの番号と同じか確認します。(赤線)

ファイルが壊れていたり、改ざんがあれば別の番号が出てきます。

バージョンアップなどでMD5のチェックサムは更新されます。

最新の番号はダウンロードサイトで確認してください。

問題があればお知らせください。

chart5

 

インストール

TwitterAnalyzeToolKit.msi」ファイルをダブルクリックしてください。

「WindowsによってPCが保護されました」がでます。

chart6

 

「詳細情報」をクリック。

chart7

 

「実行」をクリックします。

chart8

 

セットアップウェイザードが出てくるので、「次へ」をクリック。

chart9

 

インストールフォルダーの選択が出てくるので、何もせずに「次へ」をクリック。

chart10

 

インストールの確認では「次へ」をクリック。警告が出ますが、そのままインストールしてください。

chart11

 

インストールが完了しましたが出れば、「閉じる」をクリックして終わります。

chart12

 

ディスクトップに「TwitterAnalyzeToolKit」フォルダができます。

chart13

 

アンインストール

アンインストール時はゴミを残さないように、簡単に消せるようにしました。

コントロールパネルの「プログラムと機能」からアンインストールを選択すれば消えます。

ディスクトップに「TwitterAnalyzeToolKit」フォルダの中にすべてのプログラムがインストールされおり、自動的に消してくれる仕組みにしました。

他には余計なファイルを作成しません。

書き換えたデータがフォルダに残っており、フォルダごと消せば元通りになります。

chart14

 

フォルダ構成

この手のツールは、分析と操作を分けるのがポイントです。

投資システムも同じで、分析とオペレーションは別物にしておかないと、大変な大間違いになります。

フォルダを開くと3つのサブフォルダがあり、それぞれのツールが別々になっています。

主な機能として、「TextMarger」は、IDを分割するツールです。オフラインでテキストを分割し、失敗しても影響なし。

「TWTimeLineCapt」は、Twitterからデータをダウンロードし、解析をおこなうメインツールです。

ここが重要なのですが、操作を誤っても影響を与えません。

「TWCreateAndDestroy」はTwitterのフォロワーを一括でアンフォロー、フォローするツールです。フォロー、アンフォローに影響があるので、慎重な操作が求められるため、別にしました。

一括操作ツール「TWCreateAndDestroy」さえ使わなければ、データを取得し、解析するだけなので、影響はまったくありません。

chart15

 

フォロー中とフォロワーのIDをダウンロード

はじめにやる作業は、フォロー中とフォロワーのUser.IDのダウンロードです。

Twitterでは、ユーザを認識するために3つの識別子を持ちますが、今回のフォローやアンフォローなどのアカウント操作をおこなうには、ScreenNameまたはUser.IDの取得できれば、操作可能です。

ScreenNameはNameの下に出ている相手ユーザのアカウントです。

User.IDはユーザ個別のIDです。Twitterユーザは必ずこの番号で識別されます。

Nameは表示だけの問題で、アカウント操作にはつかえません。

chart16

 

はじめに「フォロー中」のUser.IDをダウンロードします。

「TwitterAnalyzeToolKit\TWTimeLineCapt」にある「sg.ini」ファイルをメモ帳などで編集します。(RetarはTeraPadと言うエディタがお気に入りなのでお勧めします。https://tera-net.com/library/tpad.html

chart17

 

書き換え作業

書き換え、及び、チェックが必要なのは6か所です。

Twitterの開発者アカウントで取得した4点セットをセットします。

「twFriendsIdsCount」は、フォロー中、フォロワーが0~5000の場合は「1」、5001~10000の場合は「2」、以降5000フォロワーごとに1ずつ増やします。良くわからない場合はフォロワー、フォロー中の多い方にしておけば、以降の操作も間違いはありません。

Retarの場合は、フォロー中972、フォロワー5052です。

フォロワーの方が多く、5001~10000までなので「2」としました。

「twTimeLineGets」を「false」にします。

データが多いので、ダウンロードは後でまとめておこないます。

「true」のままで操作をおこなうのは非常に時間がかかり不効率です。

編集が終われば保存終了します。

chart18

 

フォロワーID取得を実行します

「TwitterAnalyzeToolKit\TWTimeLineCapt」フォルダにある「TWTimeLineCapt.exe」をダブルクリックします。

chart19

 

実行するとすぐに終了します。

なんらかのキーを押せば終了します。

chart20

 

結果出力となる「Outs」ディレクトリが出来ています。

chart21

 

成功していれば「TwitterAnalyzeToolKit\TWTimeLineCapt\Outs\IDSIN」フォルダを開いてみると、「Ids.csv」ファイルが出来ています。

chart22

 

行数が5052行、フォロワーが5052アカウントです。

正しいデータがとれた確認になります。

chart23

chart24

 

ファイル名を「Ids.csv」から「フォロワー<日付>.csv」に変更します。

chart25

 

詳しい設定マニュアルは「https://github.com/devel-retar-jp/TWTimeLineCapt/blob/master/TWTimeLineCapt/sample/sg_sample.json」です。

 

続きは、また次回に・・・。

 

相場分析のリクエストがありましたら“Contact Us”からお知らせください。ご要望にお応えできるように努力いたします。

このブログはあくまでも個人的な見解であり、投資判断は各自でお願い致します。当ブログは一切の投資損益に対する責任を負いません。

ブログに来て下さってありがとうございます。明日もよろしくお願いいたします。

If you have some request to analyze, please write to “Contact Us”.

We do best effort for your request.

These are only personal opinions on this blog, and you need the investment judgment in each one. This blog doesn’t assume the responsibility to all the investment profit and loss.

Thank for watching our contents. My best regards next day.

如果您需要行情分析,请点击“Contact Us”联系我们。我们将尽力满足您的要求。

本博客仅为个人意见,请各自做出投资判断。本博客概不对任何投资盈亏负责。

感谢您访问本博客。欢迎再次使用。


Excelで株価、為替のろうそく足チャートを書こう(9)

2019/09/05

Excelで株価、為替のろうそく足チャートを書こう(9)

Let’s write Candle stick chart on Excel(9)

让我们在Excel上写下蜡烛图(9)

 

Today’s report is Japanese Only.

 

Excelで株価、為替のろうそく足チャートを書こう(1)

Excelで株価、為替のろうそく足チャートを書こう(2)

Excelで株価、為替のろうそく足チャートを書こう(3)

Excelで株価、為替のろうそく足チャートを書こう(4)

Excelで株価、為替のろうそく足チャートを書こう(5)

Excelで株価、為替のろうそく足チャートを書こう(6)

Excelで株価、為替のろうそく足チャートを書こう(7)

Excelで株価、為替のろうそく足チャートを書こう(8)

 

Excelでチャート分析する方法を紹介します。

本日からは、日経でどの程度のリスクをとり投資をしているのか分析します。

株は買ってしまうと翌朝まで売買できなくなります。

さらに土日をまたいだ時は、その間に売りたくても売れない期間となります。

一般にオーバーナイトリスクと言われるものですが、どの程度のリスクをとっているのか、理解しておくと損切への備えとなります。

本日は当日クローズから翌朝のオープンまでの値動きを調べていきます。

前回の「BuyCandleシート」、「SellCandleシート」をそのまま使います。

「BuyCandleシート」のフィルターを外し、R1セルに「OverNight」と入力します。

chart1

 

R4セルに「=B3-E4」と入力し、オートセルで埋め込みます。

chart2

 

1行目をオートフィルタ―で絞り込めるようにします。

chart3

 

BUYで絞り込みます。

chart4

 

陽線だけで絞り込むために「White」を選択します。

chart5

 

「OverNight」の「指定の値以上」を選択します。

chart6

 

オートフィルタ―オプションに「0」を入れOKします。

chart7

 

OverNightの値を選択(R205からR636)します。

意味するところは200EMAと52EMAのゴールデンクロスしている時に、陽線を出した翌営業日までに上げる地点だけが選択されています。

平均は95円、86営業日、合計は8178.52円。

chart8

 

「OverNight」の「指定の値以下」を選択します。

chart9

 

オートフィルタ―オプションに「0」を入れOKします。

chart10

 

OverNightの値を選択(R201からR633)します。

意味するところは200EMAと52EMAのゴールデンクロスしている時に、陽線を出したときに翌営業日までに下げる地点だけが選択されています。

平均は81円、57営業日、合計は-4593.39円。

chart11

 

次に陰線だけで絞り込むために「Black」を選択します。

chart12

 

「OverNight」の「指定の値以上」を選択し、オートフィルタ―オプションに「0」を入れOKします。

OverNightの値を選択(R200からR632)します。

意味するところは200EMAと52EMAのゴールデンクロスしている時に、陽線を出した翌営業日までに上げる地点だけが選択されています。

平均は94円、71営業日、合計は6679.26円。

「OverNight」の「指定の値以上」を選択し、オートフィルタ―オプションに「0」を入れOKします。

OverNightの値を選択(R162からR637)します。

意味するところは200EMAと52EMAのゴールデンクロスしている時に、陰線を出した翌営業日までに下げる地点だけが選択されています。

平均は79円、87営業日、合計は-6898.41円。

同様にSELL側でも調査してみます。

200EMAと52EMAのデッドクロスしている時に、陽線を出した翌営業日までに上げる地点では、平均は110円、19営業日、合計は379.13円。

chart13

 

200EMAと52EMAのデッドクロスしている時に、陽線を出した翌営業日までに下げる地点では、平均は139円、18営業日、合計は-2504.1円。

chart14

 

200EMAと52EMAのデッドクロスしている時に、陰線を出した翌営業日までに上げる地点では、平均は131円、22営業日、合計は2890.99円。

chart15

 

200EMAと52EMAのデッドクロスしている時に、陰線を出した翌営業日までに下げる地点では、平均は148円、16営業日、合計は-2366.75円。

chart16

 

まとめると、200EMAと52EMAのゴールデンクロス中の買い局面では売りをやるより、買いをした方がよい傾向が強い。

また、陽線を出した日は翌朝までに上げる傾向も強い、陰線を出した翌日の営業日には買いの優位性が下がります。

200EMAと52EMAのデッドクロス中の売り局面では、売りをやるより、買いをした方がよい傾向が強い。

またオーバーナイトでは売方が圧倒的に優位。

要は有利な時に有利なことをする。

つまり、上がっていくときに素直に買っていきましょう、下がるときには素直に売っていきましょうという、ごく当たり前の結論が出てきます。

次回からデータを更新して作っていきます。

 

相場分析のリクエストがありましたら“Contact Us”からお知らせください。ご要望にお応えできるように努力いたします。

このブログはあくまでも個人的な見解であり、投資判断は各自でお願い致します。当ブログは一切の投資損益に対する責任を負いません。

ブログに来て下さってありがとうございます。明日もよろしくお願いいたします。

If you have some request to analyze, please write to “Contact Us”.

We do best effort for your request.

These are only personal opinions on this blog, and you need the investment judgment in each one. This blog doesn’t assume the responsibility to all the investment profit and loss.

Thank for watching our contents. My best regards next day.

如果您需要行情分析,请点击“Contact Us”联系我们。我们将尽力满足您的要求。

本博客仅为个人意见,请各自做出投资判断。本博客概不对任何投资盈亏负责。

感谢您访问本博客。欢迎再次使用。


© 2019 Retar