分析手法 : Analyzing way

羽黒足の使い方について・過去10週程度の意味を検討するとブレークポイントがみえます

2018/04/19

羽黒足の使い方について・過去10週程度の意味を検討するとブレークポイントがみえます

How to use “HAGURO” method; Analyze past 10 weeks and know the meaning is useful.

如何使用“羽黑足”方法。分析过去10周后,知道含义是非常有用的。

 

羽黒足の使い方について、まとめてみました。

一番大切なことは、決めの1手をみるのではなく、みんな(ろうそく足)の様子を総合的に調べ上げることです。

みんなとは、ろうそく足だけです。

つまり過去10週程度の羽黒足値動き意味を吟味してみることだと思います。

Today, we introduce how to use “HAGURO” method.

The most important point is gathering the evidence.

We need to survey about 10 weeks price movement.

 

過去10週の日経平均の羽黒足についてのレポートです。

These are past 10 weeks reports.

 

  • J: 日経平均週足・羽黒5号線・翌週に21933.99円を超えた引け値となれば更なる上昇期待だが、天井になることも(2018/4/13)
  • I: 日経平均週足・羽黒3号線・もう少し上があっても納得だが、しばらくは持ち合いの様相(2018/4/6)
  • H: 日経平均週足・羽黒8号線・最近流行りの底打ちの型だが、本格戻りは22502.05円超えから(2018/3/30)
  • G: 日経平均週足・羽黒13(12)号線・普通なら下げ止まりだが、来週の終値が20617.86円割れならば弱気相場入り(2018/3/23)
  • F: 日経平均週足・羽黒16(10)号線・引き続き週足クローズで22500円を超えなければ強気になれず、21000円割れならベアマーケット入り(2018/03/16)
  • E: 日経平均週足・羽黒5号線・ブルベアの分水嶺・週足クローズで22500円を超えなければ強気になれない、21000円割れならベアマーケット入り(2018/3/9)
  • D: 日経平均週足・羽黒13(12)号線・普通なら売り方をやめ買い場探し、来週も大きく下げるようならベアマーケット入り (2018/03/03)
  • C: 日経平均週足・羽黒9号線・週足クローズの21626.85円割れ、22152.85円超えが、トレンド(2018/2/25)
  • B: 日経平均週足・羽黒3号線・下げ止まり臭いが新安値を取るようなら考えを改める(2018/2/17)
  • A: 日経平均週足・羽黒12(13)号線・買い場探しの局面入り(2018/2/11)

 

  • J: NIKKEI 225 weekly is “HAGURO” No.5 formation; if the close after next week will be 21933.99yen over, rally will continue but now may reach the major peak. (4/13/2018)
  • I: NIKKEI 225 weekly is “HAGURO” No.3 formation; the price may take little higher but steadiness will continue. (4/6/2018)
  • H: NIKKEI 225 weekly is “HAGURO” No.8 formation; this formation often implied bottom out and true recovery will be cutting 22502.05yen over. (3/30/2018)
  • G: NIKKEI 225 week; “HAGURO” No.13(12) formation; this formation usually implied stop falling but if the next week close will be lower than 20617.86yen, we can confirm bear market.(3/23/2018)
  • F: NIKKEI 225 weekly is “HAGURO” No. 16(10) formation; trigger is same; in weekend close, 22500yen over will mean bullish and cutting 21000yen will mean bearish. (3/16/2018)
  • E: NIKKEI 225 week; “HAGURO” No.5 formation; Now is the watershed of the major trend; in weekend close, 22500yen over will mean bullish and cutting 21000yen will mean bearish. (3/9/2018)
  • D: NIKKEI 225 week; “HAGURO” No.13(12) formation; in normal condition, we can to buy but if the price will get lower this market gets into bearish.(3/3/2018)
  • C: NIKKEI 225 weekly is “HAGURO” No.9 formation; cutting 22152.85yen or 21626.85yen in weekend close will be trend.(2/25/2018)
  • B: NIKKEI 225 weekly is “HAGURO” No.3 formation; This formation often implies stop falling and taking new low, we will change our mind. (2/17/2018)
  • A: NIKKEI 225 weekly is “HAGURO” No.12(13) formation; now seems to be buying phase.(2/11/2018)

 

タイトルをもとにチャートに値段の節に印をいれました。

この10週の最大の山場はG地点で弱気ポイントとなったにも関わらず、下げ止まり感のある13(12)号線を出したことです。

A,B地点からは買い場探しの局面入りになっていました。

疑心暗鬼の下げかも?と考えるべきであり、G地点からドカドカ下に行けば乗れなくて当然でした。

せめてH地点で、下げの決定的な線が出るならば、下方向へのドカドカ感がでましたが、そうはならず、戻りの足となったのが胆でした。

We mark on the charts using our report titles.

The most important point was “G” point and this point became No.13.

The market became bullish trend after “A” and “B” points.

If the price will sharply fall after “G”, we cannot follow with confidence.

And the price formed No.8 at “H” point and this was recovery signal.

 

では、これからどうなるのかを想定してみましょう。

C地点で下抜けしているのは、未だ有効だとみています。(緑)

本日はレンジいっぱいで価格が停止しています。

既に下抜けしているため、下落方向のトレンドを示唆しています。

上げとなるなら、22200円を超えた週足の引値になるはずです。

メインシナリオは下落ですが、再び上げる相場になるとしても週足の引値で20300円、21000円を割らずに、週足の引値で22200円を超えてゆくなら買いやすいと思います。

Next, we estimate next phase.

Cutting at “C” point is still valid. (Green line and arrows)

The price stopped upper side limit, today.

And price went down side and this occasion suggests bearish trend.

If a bullish trend will come true, weekly close price will 22200yen over but main scenario is bearish.

If bullish trend will be again, there will need precondition; not cutting 20300yen or 21000yen again and 22200yen over.

n225_conv

 

相場分析のリクエストがありましたら“Contact Us”からお知らせください。ご要望にお応えできるように努力いたします。

このブログはあくまでも個人的な見解であり、投資判断は各自でお願い致します。当ブログは一切の投資損益に対する責任を負いません。

ホームページに来て下さってありがとうございます。明日もよろしくお願いいたします。

If you have some request to analyze, please write to “Contact Us”.

We do best effort for your request.

These are only personal opinions on this blog, and you need the investment judgment in each one. This blog doesn’t assume the responsibility to all the investment profit and loss.

Thank for watching our contents. My best regards next day.

如果您需要行情分析,请点击“Contact Us”联系我们。我们将尽力满足您的要求。

本博客仅为个人意见,请各自做出投资判断。本博客概不对任何投资盈亏负责。

感谢您访问本博客。欢迎再次使用。

羽黒足の使い方について、まとめてみました。

一番大切なことは、決めの1手をみるのではなく、みんな(ろうそく足)の様子を総合的に調べ上げることです。

みんなとは、ろうそく足だけです。

つまり過去10週程度の羽黒足値動き意味を吟味してみることだと思います。

Today, we introduce how to use “HAGURO” method.

The most important point is gathering the evidence.

We need to survey about 10 weeks price movement.

過去10週の日経平均の羽黒足についてのレポートです。

These are past 10 weeks reports.

l J: 日経平均週足・羽黒5号線・翌週に21933.99円を超えた引け値となれば更なる上昇期待だが、天井になることも(2018/4/13)

l I: 日経平均週足・羽黒3号線・もう少し上があっても納得だが、しばらくは持ち合いの様相(2018/4/6)

l H: 日経平均週足・羽黒8号線・最近流行りの底打ちの型だが、本格戻りは22502.05円超えから(2018/3/30)

l G: 日経平均週足・羽黒13(12)号線・普通なら下げ止まりだが、来週の終値が20617.86円割れならば弱気相場入り(2018/3/23)

l F: 日経平均週足・羽黒16(10)号線・引き続き週足クローズで22500円を超えなければ強気になれず、21000円割れならベアマーケット入り(2018/03/16)

l E: 日経平均週足・羽黒5号線・ブルベアの分水嶺・週足クローズで22500円を超えなければ強気になれない、21000円割れならベアマーケット入り(2018/3/9)

l D: 日経平均週足・羽黒13(12)号線・普通なら売り方をやめ買い場探し、来週も大きく下げるようならベアマーケット入り (2018/03/03)

l C: 日経平均週足・羽黒9号線・週足クローズの21626.85円割れ、22152.85円超えが、トレンド(2018/2/25)

l B: 日経平均週足・羽黒3号線・下げ止まり臭いが新安値を取るようなら考えを改める(2018/2/17)

l A: 日経平均週足・羽黒12(13)号線・買い場探しの局面入り(2018/2/11)

l J: NIKKEI 225 weekly is “HAGURO” No.5 formation; if the close after next week will be 21933.99yen over, rally will continue but now may reach the major peak. (4/13/2018)

l I: NIKKEI 225 weekly is “HAGURO” No.3 formation; the price may take little higher but steadiness will continue. (4/6/2018)

l H: NIKKEI 225 weekly is “HAGURO” No.8 formation; this formation often implied bottom out and true recovery will be cutting 22502.05yen over. (3/30/2018)

l G: NIKKEI 225 week; “HAGURO” No.13(12) formation; this formation usually implied stop falling but if the next week close will be lower than 20617.86yen, we can confirm bear market.(3/23/2018)

l F: NIKKEI 225 weekly is “HAGURO” No. 16(10) formation; trigger is same; in weekend close, 22500yen over will mean bullish and cutting 21000yen will mean bearish. (3/16/2018)

l E: NIKKEI 225 week; “HAGURO” No.5 formation; Now is the watershed of the major trend; in weekend close, 22500yen over will mean bullish and cutting 21000yen will mean bearish. (3/9/2018)

l D: NIKKEI 225 week; “HAGURO” No.13(12) formation; in normal condition, we can to buy but if the price will get lower this market gets into bearish.(3/3/2018)

l C: NIKKEI 225 weekly is “HAGURO” No.9 formation; cutting 22152.85yen or 21626.85yen in weekend close will be trend.(2/25/2018)

l B: NIKKEI 225 weekly is “HAGURO” No.3 formation; This formation often implies stop falling and taking new low, we will change our mind. (2/17/2018)

l A: NIKKEI 225 weekly is “HAGURO” No.12(13) formation; now seems to be buying phase.(2/11/2018)

タイトルをもとにチャートに値段の節に印をいれました。

この10週の最大の山場はG地点で弱気ポイントとなったにも関わらず、下げ止まり感のある13(12)号線を出したことです。

A,B地点からは買い場探しの局面入りになっていました。

疑心暗鬼の下げかも?と考えるべきであり、G地点からドカドカ下に行けば乗れなくて当然でした。

せめてH地点で、下げの決定的な線が出るならば、下方向へのドカドカ感がでましたが、そうはならず、戻りの足となったのが胆でした。

We mark on the charts using our report titles.

The most important point was “G” point and this point became No.13.

The market became bullish trend after “A” and “B” points.

If the price will sharply fall after “G”, we cannot follow with confidence.

And the price formed No.8 at “H” point and this was recovery signal.

では、これからどうなるのかを想定してみましょう。

C地点で下抜けしているのは、未だ有効だとみています。(緑)

本日はレンジいっぱいで価格が停止しています。

既に下抜けしているため、下落方向のトレンドを示唆しています。

上げとなるなら、22200円を超えた週足の引値になるはずです。

メインシナリオは下落ですが、再び上げる相場になるとしても週足の引値で20300円、21000円を割らずに、週足の引値で22200円を超えてゆくなら買いやすいと思います。

Next, we estimate next phase.

Cutting at “C” point is still valid. (Green line and arrows)

The price stopped upper side limit, today.

And price went down side and this occasion suggests bearish trend.

If a bullish trend will come true, weekly close price will 22200yen over but main scenario is bearish.

If bullish trend will be again, there will need precondition; not cutting 20300yen or 21000yen again and 22200yen over.

<chart1>

相場分析のリクエストがありましたら“Contact Us”からお知らせください。ご要望にお応えできるように努力いたします。

このブログはあくまでも個人的な見解であり、投資判断は各自でお願い致します。当ブログは一切の投資損益に対する責任を負いません。

ホームページに来て下さってありがとうございます。明日もよろしくお願いいたします。

If you have some request to analyze, please write to “Contact Us”.

We do best effort for your request.

These are only personal opinions on this blog, and you need the investment judgment in each one. This blog doesn’t assume the responsibility to all the investment profit and loss.

Thank for watching our contents. My best regards next day.

如果您需要行情分析,请点击“Contact Us”联系我们。我们将尽力满足您的要求。

本博客仅为个人意见,请各自做出投资判断。本博客概不对任何投资盈亏负责。

感谢您访问本博客。欢迎再次使用。


テクニカル分析上の誤差をどう扱うか?/How to deal with the tolerance of the price on technical analysis? /技术分析价格的容许范围,怎样做?

2016/05/02

テクニカル分析上の誤差をどう扱うか?

How to deal with the tolerance of the price on technical analysis?

技术分析价格的容许范围,怎样做?

 

Retar.jpの2016/04/28レポートに対して、以下のように質問をいただきました。

「羽黒法、週足の始値=高値となっています。 13号線、または誤差の許容範囲の取り方によっては、16号線かと思います。」

Last day, we got a question about 04/28 report.

“In your ‘HAGURO’ method, you treated the open price is same as the highest. But I think this is No.13 or No.16.”

 

この点について、お答えしたいと思います。

And we will answer this.

 

まず、はじめにRetar.jpでは羽黒足を、”羽黒11(16)号線”の形で表記しています。

その理由は書籍により2通りの記述があるからです。

大正や昭和初期のいくつかの書籍で調べると、羽黒足は本来陰陽非対称の記述のようで、もともとはカッコ内の番号を使っていたようです。

しかし、最近の書籍では陰陽対称の番号が使われています。

そこでRetar.jpとしては2つの番号を使って表記しています。

We introduce “HAGURO” formation as No.11 (16).

The reason why we write is we can see two type of books.

In old books from the Taisho to the early Showa period, “HAGURO” formation is written unsymmetrical in black and white candle stick.

But these days, symmetrical in black and white candle stick is in fashion.

So we use two types of writing.

haguro

 

テクニカル分析で、いつも課題となるのは、誤差の範囲です。

対策は簡単であり、誤差とは何かを決めるだけです。

個々人の裁量の挟む余地をなくし、誰がやっても同じ結果が得られるようにするためのルール決めが必要です。

ルールをどう決めるかがテクニカル分析の肝であり、改善の日々です。

In technical analysis, one of the most important thing is how to deal with the tolerance value.

The only method is defining what and how is the tolerance value.

We have to free from the room of our discretion and we must make the rule anyone can draw.

This is the main point of the technical analysis and we need to survey every day and need Kaizen.

 

羽黒足、トレンドライン、P&Fについて紹介したいと思います。

Today, we introduce the method of “HAGURO” formation, Trend line and P&F.

 

羽黒足の場合は、さまざまな閾値が考えられますが、簡単な方法としては、ヒゲの長さがろうそく足全体の何%であるかを決めてしまえば判定できます。

例えば1991年以降から先週まで1322週あります。

羽黒11(16)号線の場合、現在のRetar.jpで使用している閾値では約6%発生している線になります。

厳密に「ヒゲなし」とするならば、3通りしか発生しておらず、3/1322=0.22%となり、レアケースになります。

There are some method of treating the “upper and lower shadow” and the easiest method is you can define the percentages of the shadow.

For example, there are 1322 weeks from 1991 to last week.

Using our judging method, “HAGURO” No. 11(16) formation appeared 6%.

When we applying the strict judging rule (Shadow are zero percent), there were only three occasions and these are too rare.

 

トレンドラインについては、2012年末に紹介しております。

分析手法について・その3・トレンドライン編(1)(2012/12/31)

分析手法について・その4・トレンドライン編(2)(2013/01/01)

トレンドラインは裁量の入る余地が大きい手法ですが、現時点で最良と思われる手法と注意点について、述べています。

We introduced our trend line method at the end of 2012.

Our analyzing method Part.3; Trend line method Part 1. (12/31/2012)

Our analyzing method Part.4; Trend line method Part 2. (01/01/2013)

Trend line method has a tendency of making our discretion and we suggested the best method of avoiding our discretion.

 

P&Fは、そもそも値幅のノイズを省く優れた分析方法ですが、設定値幅を調整することで、見方が大きく変わってきます。

例えば、週足のドル円相場。

通常使う1円値幅では45度線が利いていますが、0.2円値幅ではダマシとなっています。

それであっても、ぐうの音も出ないような分析としては、最良の方法であり、一貫して相場を観察するには最良の方法だと思っています。

Closed price P&F is the one of the best method free from our discretion and we have only to adjust the price range.

For example, we can introduce the USDJPY weekly market.

We can know 45 degree line worked well in 1.0 yen price range but 0.2 yen price range did not work well.

We can only adjust the price range and we think this is one of the most un-discretional method.

pf02

pf10

 

相場分析のリクエストがありましたら“Contact Us”からお知らせください。ご要望にお応えできるように努力いたします。

このブログはあくまでも個人的な見解であり、投資判断は各自でお願い致します。当ブログは一切の投資損益に対する責任を負いません。

ホームページに来て下さってありがとうございます。明日もよろしくお願いいたします。

If you have some request to analyze, please write to “Contact Us”.

We do best effort for your request.

These are only personal opinions on this blog, and you need the investment judgment in each one. This blog doesn’t assume the responsibility to all the investment profit and loss.

Thank for watching our contents. My best regards next day.

如果您需要行情分析,请点击“Contact Us”联系我们。我们将尽力满足您的要求。

本博客仅为个人意见,请各自做出投资判断。本博客概不对任何投资盈亏负责。

感谢您访问本博客。欢迎再次使用。


© 2018 Retar