2012/12

分析手法について・その3・トレンドライン編(1)/Our analyzing method Part.3; Trend line method Part 1. /我们的分析方法(3)。趋势线的方法(1)。

2012/12/31

分析手法について・その3・トレンドライン編(1)

Our analyzing method Part.3; Trend line method Part 1.

我们的分析方法(3)。趋势线的方法(1)。

 

本日はトレンドラインの私たちの特徴について説明してみたいと思います。

Today, we explain our unique feature about trend line analysis.

 

一定のルールの中で引く/Using same rule

トレンドラインは簡単そうに見えて、実は難しい。

理由は簡単であり、裁量の入り込む余地があるからです。

徹底的に手順とルール決めを行えば、裁量の入り込む余地はほぼなくなります。

ここでは、同じ条件でトレンドラインを引く方法について私たちの経験を述べてみたいと思います。

Trend line is easy method but difficult.

The reason is there is much room of discretion.

We need to make complete rules and orders and there will not sit ambiguous room.

Now, we explain our experience of drawing as same condition.

 

ベースとなるチャートの描き方/Drawing of the base chart

チャートを描くときに重要なことは、ろうそく足を描く本数と値幅を決めることです。

お勧めはギザギザがわかるようにA4の用紙いっぱいに描くことです。

私たちの場合は、ろうそく足の本数は50本、100本、200本、256本を基準にチャートを作成しています。

値幅は安値、高値が上下いっぱいに入るようにしています。

The importance of drawing the chart is how many candle sticks and what price range you will draw.

Our recommending method is made for ZIG-ZAG to be known and drawing to the limit of the paper of A4.

In our method, we contain 50, 100, 200, 256 candle sticks in one chart and make the high price to the top of the paper and the low price to the bottom of the paper.

 

トレンドラインの太さ/the thickness of the trend line

相場はやはり生き物なので、どうしても完璧にトレンドラインが引けることは少なくなります。

線に一定の幅を持たせて、描くことをお勧めします。

私たちは、どの時間フレームでも一定の幅を決めてラインを引くようにしています。

The market is “Animal” and we can not draw the perfect trend line on the chart.

We recommend drawing some thick trend line.

We draw same thickness trend line on each time frame chart.

 

大きい時間枠から調査しよう/We should analyze big time frame

トレンドラインを引くためにはできる事なら3段階のタイムフレームが必要だと感じます。

例えば、株式、商品などでは月足、週足、日足の組み合わせ、為替のスキャルピングならば15分足、5分足、1分足です。

We need 3 types of time frame and this is best.

For example, in stock or commodity market, we need monthly, weekly and daily data and in FX scalping, we need 15 minutes, 5 minutes and 1 minute data.

 

いよいよ線をひく/Now, drawing the trend line

大きい時間枠のチャートに2種類の線を引いていきます。

1.押さえ込まれた値段(水平に2点以上)

2.外郭線で引ける線を引いていきます。

 

1番目の場合は「トレンドラインじゃない」という批判を受けるかもしれませんが、目の錯覚もあり引くことにしています。

雑念を減らすため同時にやらず個別に引くことがポイントです。

引くときのポイントは以下のとおりです。

 

  • 押さえ込まれた値段(水平に2点以上)

押さえ込まれた値段を水平に引いてみます。

  • 外郭線

以下の条件を2つ以上満たすものは、特に強いラインになります。

  • 外郭に位置する長く引ける線をひく

ろうそく足10本を超える長さがおおよその目安。長ければ長いほど意味は強くなります。

  • 平行に引ける線を探す

チャートをくまなくみつめ、同じ角度でひけるところ探します。

  • 3点以上で結ばれる線を探してひく
  • 想像線(妄想線)を引く

一番難しい。平行または延長して上昇(下降)を確認できそうなところ考えます。

 

We draw 2 types of trend line; finding out the peak price and outer trend line.

The first case, you may say “This is not the trend line” but we draw as the same time.

In order to reduce idle thoughts, not doing simultaneously but pulling individually.

Our essences of drawing are under these.

  • Drawing the horizontal peak (containing 2 points and more)

Drawing the horizontal peak and you can find out the resistance or support price.

  • Outer lines

If they contain 2 or more over condition, it will work as strong line.

  • Draw outer line

When we draw a trend line, there need 10 or more over candle sticks.

The longer we draw, the meaning is more important.

  • We need to find out the parallel lines.

We need to watch the chart and find out the same degree trend line.

  • Drawing the line connected with 3 or more points.
  • Drawing the estimated line

This is best difficult. Drawing the parallel line or extend the existing line and confirming the resistance or support points.

 

日経平均を例に/The example of Nikkei 225

水平に線を引くときはヒゲの先が2箇所以上当たるところ意識して引きます。

ここで理解できることは「10550-10600円付近に強い抵抗帯ありそー。そこまでは値段がのびるかもねー」ということでしょう。

下方向は「8400-8300円ぐらいに抵抗帯だな」と意識する必要があります。

We need to draw horizontal line containing 2 or more over points.

We can know “10550-10600yen may work as resistance point and the market price will jump at that point”.

And lower side, we can find out “8400-8300yen may work as support”.

HORIZONTAL

 

外郭線を引いてみました。

最近の相場はA線を越えたから所から延びました。(レポートでは2012/12/17参照

「9800円付近にサポートがあるな、もっと下がれば8500円付近にもサポートがあるな」

We draw the outer line.

The recent market, the price jumped from cutting “A” line. (See 12/17/2012 report)

And we can find out “9800yen and 8500yen around may work as support point”.

OUTER1

 

平行線を3種類見つけました。(青、緑、紫)

現在の相場は、過去にも抵抗帯になった角度に押さえ込まれ(紫)、上昇バンド上限に達せずに(緑)越年となりました。

We can find out 3 types of trend lines. (Blue, Green and Purple)

In recent market, the market price was resisted by purple and could not reach the upper side of the band (Green).

OUTER2

 

3点以上で押さえ込まれる線を引いてみました。

最近の相場はA線を越えたから所から延びました。(レポートでは2012/12/17参照

We added 3 or more over containing lines.

The recent market, the price jumped from cutting “A” line. (See 12/17/2012 report)

OUTER3

 

想像線(妄想線)を引いてみました。

想像線(妄想線)にはAのように1点から想像するタイプ(もう、ここしか引けないよね)とBのように2点までは平行となり、3点目を想像するタイプがあります。

先ほどまで引いてきたラインで2本以上平行なラインとして存在し、平行に引けそうなものを全て引いてみます。

また、延長線も引いてみます。

ここから判断できることは「10550-10600円付近に抵抗帯がありそうだね」ということになります。

We draw estimated lines.

There are 2 types of estimated lines; only place to drawing (A) and drawing between 2 points and more and estimating third point.

We add the parallel line pointing 2 or more over and extended lines.

We can find out “There is resistance point at 10550-10600yen”.

OUTER4

 

結果をまとめる/A result is summarized

ここで、結果を一旦まとめます。

私たちは強弱の順序をつけ、上下方向に2-3箇所を決めていきます。

日経平均をまとめると以下のようになります。

下方向のサポート

8500-8300円付近に複数のサポート(強い)
10000 -9800円付近にも弱いサポート(弱い)

 

上方向のレジスタンス

10400円付近にレジスタンス到達(弱い)
10500-10600円付近にレジスタンス、2本の想像線が到達(強い)

 

ここまででも、面倒くさいですね。

明日以降に日足、週足について説明していきます。

 

We need to summarize here.

We need to take order and determine the two or three resistance and support points.

These are Nikkei 225 summary.

The support point;

8500-8300yen (Strong)
10000 -9800yen (Weak)

 

The resistance point;

10400yen (Weak)
10500 -10600yen (Strong)

 

We need much difficulty.

Tomorrow or subsequent days, we introduce how to add trend lines on daily and weekly data.

 

相場分析のリクエストがありましたら“Contact Us”からお知らせください。ご要望にお応えできるように努力いたします。

このブログはあくまでも個人的な見解であり、投資判断は各自でお願い致します。当ブログは一切の投資損益に対する責任を負いません。

ホームページに来て下さってありがとうございます。明日もよろしくお願いいたします。

If you have some request to analyze, please write to “Contact Us”.

We do best effort for your request.

These are only personal opinions on this blog, and you need the investment judgment in each one. This blog doesn’t assume the responsibility to all the investment profit and loss.

Thank for watching our contents. My best regards next day.


分析手法について・その2・ポイントアンドフィギュア編/Our analyzing method Part.2; Point and Figure. /我们的分析方法(2)。点数图。

2012/12/30

分析手法について・その2・ポイントアンドフィギュア編

Our analyzing method Part.2; Point and Figure.

我们的分析方法(2)。点数图。

 

本日はポイントアンドフィギュアの私たちの特徴について説明してみたいと思います。

ポイントアンドフィギュアの書き方や一般的な分析手法は他の書籍に譲るとして、私たちはポイントアンドフィギュアのどういう部分を重要視しているのかを解説したいと思います。

Today, we explain our unique feature about P&F analysis.

We do not explain the general way of analyzing (See other text book) and we explain what we regard as important points.

 

「正しく書かれた」チャートがポイント/”Proper” chat is important.

私たちはコーエン式のポイントアンドフィギュアを使用しています。

まずは「正しく書かれた」チャートを描くことにつきます。

「正しく」とは、相場において標準的なP&Fの分析手法によって、よく当たる(ダマシが少ない)ということです。

P&Fでは値幅と時間軸(全データ、分足終値、日足終値など)の組み合わせによって、「正しく」も「ダマシの多い」チャートにもなります。

 

時間軸に関する問題では、例えばUSDJPYの為替では以下のような考慮点があげられます。

  • NYクローズを利用して日足から分析する
  • 日本市場クローズ利用して日足から分析する
  • 豪ドル時間帯を省いた1時間足を作成し分析する
  • 日本時間帯の1時間足終値のみを利用する

 

値幅問題では、以下のような考慮点が上げられます。

  • 2円刻み
  • 1円刻み
  • 0.05円刻み

 

組み合わせはとても多く、「正しく」とはとても難しい問題です。

分析者によって異なるチャートとなるため、とても奥が深く研究しがいのあるところです。

可能な限りの長い時間のチャートを描いてみて、過去において分析が正しく機能した部分が数多く出現すれば、現在の相場でも同様の現象が起きる可能性が高まります。

私たちは、独自のソフトウェアを開発し、さまざまな値幅と時間軸の組み合わせ候補を作成しています。その中から現在最適と思われる設定値を用い紹介させていただいております。

We use “A.W.Cohen” method.

And the best important point is “Proper writing”.

“Proper writing” means well-worked by standard analyzing (Fake is rare cases).

There are many combinations price range and time zone (All price, minute close data, daily close data, and so on) and the proper choice will be well-work chart.

For example, when we analyze USDJPY FX data, we need under these factors about time zone.

  • Using NY close data
  • Using Japanese close data
  • Using hourly data except Oceanian time data.
  • Using hourly data only using Japanese time data.

And we need to take into consideration about price range under these.

  • 2Yen
  • 1Yen
  • 0.5Yen

There are thousand of combinations and we need carful choice.

And this is the unique point of this chart and we need best effort of analyzing.

We need to write long term chart and find out the well-worked place; if we use “proper” combination, the chart will well-work in future.

We develop our original program and we survey many kinds of combination.

And we make our report by the best combination value.

 

水平分析は大切/Horizontal method is important

水平分析で正しくターゲットが求められることは「正しく」の中でも特に重要な要素です。

経験的には水平分析のターゲットが正しいチャートほど、垂直分析などの他も機能しやすいと考えております。

例として、2011/02/20のTOPIX分析を紹介したいと思います。

  • 2003年から2006年までの相場です。
  • 44枠持ち合い132枠移動で完璧な頂点をつけています。
  • こうした部分を数多く発見できればチャートへの信頼性は増します。

 

It is important Horizontal method worked proper.

In our experience, the more well-worked Horizontal method, the other function such as Vertical method works well.

For example, we introduce 02/20/2011 TOPIX report.

  • This is from 2003 to 2006 market.
  • This is 44 boxes steadiness and 132boxes move; this is perfect!
  • If we can find out similar cases, we can rely on the chart in future cases.

 

単純だけれども正確な45度線/45 degree line; This is simple but well-work

「正しく」書かれたチャートであれば、45度線はかなり信頼性の高い分析になります。

私たちのレポート中でも、頻出度の高い分析です。

単純な割に当たる確立は高く、上値の伸び、下値への警戒感を意識する必要があると思います。

例として、2011/10/26のNY Gold分析を紹介したいと思います。

  • 長期にわたり45度線を割らずに維持した相場の典型です。
  • その後、今現在、高値の更新はありません。

 

If you can use “Proper” chart, we think 45 degree is the best well-work method.

In our report, this method often appears.

This is simple but often well-worked and we need to find out the market condition changing.

For example, we introduce 10/26/2011 NY gold report.

  • This is the typical chart the market price did not cut 45 degree support.
  • The market price cut it and can not take new high now.

 

相場分析のリクエストがありましたら“Contact Us”からお知らせください。ご要望にお応えできるように努力いたします。

このブログはあくまでも個人的な見解であり、投資判断は各自でお願い致します。当ブログは一切の投資損益に対する責任を負いません。

ホームページに来て下さってありがとうございます。明日もよろしくお願いいたします。

If you have some request to analyze, please write to “Contact Us”.

We do best effort for your request.

These are only personal opinions on this blog, and you need the investment judgment in each one. This blog doesn’t assume the responsibility to all the investment profit and loss.

Thank for watching our contents. My best regards next day.


© 2018 Retar