2019/01

Retar.jpが考える相場とは(7)・システムは信号機(1)

2019/01/29

Retar.jpが考える相場とは(7)・システムは信号機(1)

Meaning of the market we are thinking. No.7; About Signal System (1).

什么是投资市场? (7)。关于信号系统(1)。

 

Today’s report is Japanese only.

前回までにスパンの仕組みを理解しました。

スパンの仕組みを理解できたなら、ろうそく足を「売る買う休む」に分ける方法を理解できていたはずです。

今回からは、「売る買う休む」つまり「売りをして利益を上げられそうな足」、「買いをして利益を上げられそうな足」、「売りも買いもしてはいけない足(ダメ足)」の3種類に分かれた状態とポジション(買い建て玉、売り建て玉)をとる仕組みとの関連について説明します。

Retar.jpは、「売る買う休む」とポジションの関連性を、長年うまく説明できるシステムを追い求めていました。

しかし、納得できるものは「ない」とわかったため、関連性を厳格に説明するためのフレームワーク「信号機システム」を開発しました。

リスク許容度の違い、投資方針の違いがあっても、あらゆる投資は「信号機システム」のフレームワーク中で説明できます。

信号機システムを採用することで、投資に対してあやふやな説明になっていないか、ルールに抜けがないか確認できます。

また、実世界でも、すべてが動機によるステータス変更がなされたことで示現するものと判断できます。

例えば「家族食事でルール”T”信号機システム」が採用されたとすると、以下のようになります。

「お父さんは唐揚げを1つ余計に食べましたね。”T56”ルール違反です。ペナルティとしてデザートのプリンは召し上げです」などとマジ怖いです。

 

今回から3回にわたり、「信号機システム」について説明していきます。

道路にある交通信号機を思い浮かべてください。

車、人用の赤、黄、青の3色の交通信号機、歩行者用の赤、青の2色の交通信号機が、まず、一般的に思い浮かぶことでしょう。

 

歩行者にとっての交通信号機の意味はWikipediaによれば以下です。

●青色の灯火

歩行者は、進行することができること。

●黄色の灯火

歩行者は、道路の横断を始めてはならず、また、道路を横断している歩行者は、すみやかに、その横断を終わるか、又は横断をやめて引き返さなければならないこと。

●赤色の灯火

歩行者は、道路を横断してはならないこと。

交通信号機の意味や機能を借用し、歩行者を投資に置き換えたのが、信号機システムです。

Wikipediaによれば、交通信号機は「日本では道路の安全と円滑を守り、また交通公害などの障害を防ぐために交通信号機が設置される。」と定義されています。

一方、Retar.jpの信号機システムは「投資家が投資の状態を整理し、客観的に理解し、投資への信頼性、安全性を高めるフレームワーク」です。

歩行者は交通信号機を守らないと、たまたま車が来なければ、運よく道を横断できるかもしれません。しかし、時として車に引かれて大怪我をするか、死んでしまいます。

Retar.jpの信号機システムもよく似た仕組みであり、投資するときに守らなければ、大損するか退場になってしまいます。

今回の挑戦では「お約束を守れないとお仕置きよ」でした。

 

では実際のフレームワークの仕組みを説明していきます。

はじめに投資対象の「ポジションをもっているか、もっていないか」の状態に分けます。

投資対象とは、株でも、FXでも、不動産でも、なんでも構いません。

もちろん、人間の行為の中で「決意」「決心」「決定」のあるものは、すべて説明対象にできます。

例えば、八百屋で大根を買う、大学進学ではXXX大学のXX学部に進学する、パチンコなら玉を借りる、競馬なら馬券を買うと考えれば良いでしょ。

次に「ポジションをもっているか、もっていないか」の状態に変更したものは何かを定義します。

このフレーム枠では「トリガー(誘因)により状態が遷移した」と考えます。

交通信号機であればトリガーとは、厳密に言えば「信号の色を変えるプログラム」です。

chart1_conv

 

具体的に考えてみます。

● 株式の場合

1. 日経平均は2020/03に30000円になるとストラジティストが力説したのを信じた(トリガー)

2. 株を買った(ポジションありに状態遷移)。

3. 株が15000円になって追証退場になった(ポジションなしに状態遷移)

 

● 2019年正月のドル円の場合

1. ドル円が下がった。「安い買うぞ」と決意(トリガー)

2. ドル円を買った(ポジションありに状態遷移)

3. フラッシュクラッシュで退場(ポジションなしに状態遷移)

 

● 八百屋で大根を買う場合

1. 晩御飯をつくりたい(トリガー)

2. 大根を買った(ポジションありに状態遷移)

3. おでんにして食べてしまった。とても美味しかった(ポジションなしに状態遷移)

 

● 大学進学の場合

1. 就職に強いXXX大学のXX学部が良いらしいと考え進学を決意(トリガー)

2. XXX大学のXX学部に進学(ポジションありに状態遷移)

3. 卒業してYYY会社に就職できた(ポジションなしに状態遷移)

 

● 馬券の場合

1. 「馬は調子の良い」と競馬新聞に書いてあったので購入を決意(トリガー)

2. 馬券を買った(ポジションありに状態遷移)

3. 馬は惨敗し紙屑になった(ポジションなしに状態遷移)

 

このフレームワークでは、ポジションの状態が変わるとき「トリガーにより「ポジションが有から無」、「ポジションが無から有」へと変化するもの」と定義します。

上記の投資の例で説明したのは「2色信号機モデル」のなかでも、特に危険な「点滅しないでイキナリ、赤から青、青から赤」信号機モデルです。

実生活で「大根を買う」のは低リスクなので、「2色」モデルで十分です。

大学進学では、「入学して失敗した」と思うなら、もっと勉強するなど、いくらでも対策はあります。

しかし、「馬券を買う」というギャンブルは違います。

パチンコでも馬券でも、勝つか負けるかの2つに1つで「馬券買ったけど馬の顔みてなんか覇気がないからヤーメタ」とはなりません。

「2色信号機」モデルでは、ポジションを持った瞬間から途中で降りられません。

一方、投資は流動性不足で「2019年正月のフラッシュクラッシュ時にクローズできなかった」などの事象は特別としても、「途中でヤーメタ」ができます。

もちろん、「2色の危険な信号機」でもOKなのですが、時として「お仕置き」が待っています。

投資とギャンブルの決定的な違いは、危険さえ察知できれば逃げられる点です。

 

次回の「システムは信号機(2)」は「投資の場合、信号をかえるのはトリガーではなく厳格なルール」について説明していきます。

 

★★レポート作成時データのダウンロード★★

ブログで使用したデータをダウンロードしていただけます。

内容により非提供の場合があります。

 

相場分析のリクエストがありましたら“Contact Us”からお知らせください。ご要望にお応えできるように努力いたします。

このブログはあくまでも個人的な見解であり、投資判断は各自でお願い致します。当ブログは一切の投資損益に対する責任を負いません。

ブログに来て下さってありがとうございます。明日もよろしくお願いいたします。

If you have some request to analyze, please write to “Contact Us”.

We do best effort for your request.

These are only personal opinions on this blog, and you need the investment judgment in each one. This blog doesn’t assume the responsibility to all the investment profit and loss.

Thank for watching our contents. My best regards next day.

如果您需要行情分析,请点击“Contact Us”联系我们。我们将尽力满足您的要求。

本博客仅为个人意见,请各自做出投资判断。本博客概不对任何投资盈亏负责。

感谢您访问本博客。欢迎再次使用。


ドル円1時間足・煮詰まり感満点、トレンドラインでは下方ブレーク・サポートは109円Low、108.8-9円、レジスタンス110円ミドル、110円イーブン

2019/01/28

ドル円1時間足・煮詰まり感満点、トレンドラインでは下方ブレーク・サポートは109円Low、108.8-9円、レジスタンス110円ミドル、110円イーブン

USDJPY hourly; now is sticky market and the price cut support line; support is 109yen low and 108.8-9yen and resistance is 110yen middle and even.

美元/日元。因为它低于趋势线,所以不容易上升。支持是109日元低位和108.8-9日元,阻力是110日元中间和110日元。

 

今週の結論は、メインシナリオはトレンドラインを切ったため、上げどまりの可能性が高い。

上げるなら110円ミドルまで、下も109円イーブンが堅そう。

Our conclusion is our main scenario is the price cut the major support and now is difficult to keep rally.

If rally will continue, the price will jump 110yen middle around and 109yen even will be resistance.

 

「ドル円1時間足・基本的にはダラダラ上げ・上限は110円LOW抜けると111円Low・サポートは109円ミドル、109円イーブン」(2019/1/21)

矢印の切り上げ感が何ともダラダラ上げと言わんとしたところでしょう。

109円イーブンの底堅さも確認できています。

We reported “USDJPY hourly; Now is vague rally; upper side limit will be 110yen low or 111yen low; Support is 109yen middle and even” in 1/21/2019.

We confirmed it was weak rally and 109yen even was support.

chart0_conv

 

直近のフィボナッチと大枠のフィボナッチです。

適切なフィボナッチに「〇」、不適切なものには「×」をつけています。

共通は109.10-20円のサポート、110円Even、110円ミドルのレジスタンス。

These are four types of Fibonacci.

Proper Fibonacci are “〇”.

And inadequate Fibonacci are “×”.

Common points are 109.10-20yen is support and 110yen even and 110yen middle are resistance.

chart1_convchart2_conv

 

オセアニア時間帯抜きの足です。

108.20-30円に窓が残ります。

また、111.20-30円に窓が残ります。

These are latest candle sticks without Oceania time.

There remained gaps at 108.20.-30yen and 111.20-30yen.

chart3_convchart4_conv

 

トレンドラインです。

一番のビッグイベントは最外郭を割った点です。

上はあまりないだろうとみています。

This is trend line analysis.

The big event is the price cut the most outer line.

Rally will be difficult.

chart5_conv

 

時間足を使用しオセアニア時間帯を省いたP&Fです。

フラットトップナローイングです。

レジスタンスは109.80円、サポートは109.40円、109円Evenです。

This is 0.1 price change and 3 box reversal close price’s Point and Figure chart.

Now is “Flat Top Narrowing”.

Resistance is 109.80yen and support is 109.40yen and 109yen even.

pf_conv

 

★★レポート作成時データのダウンロード★★

ブログで使用したデータをダウンロードしていただけます。

内容により非提供の場合があります。

 

相場分析のリクエストがありましたら“Contact Us”からお知らせください。ご要望にお応えできるように努力いたします。

このブログはあくまでも個人的な見解であり、投資判断は各自でお願い致します。当ブログは一切の投資損益に対する責任を負いません。

ブログに来て下さってありがとうございます。明日もよろしくお願いいたします。

If you have some request to analyze, please write to “Contact Us”.

We do best effort for your request.

These are only personal opinions on this blog, and you need the investment judgment in each one. This blog doesn’t assume the responsibility to all the investment profit and loss.

Thank for watching our contents. My best regards next day.

如果您需要行情分析,请点击“Contact Us”联系我们。我们将尽力满足您的要求。

本博客仅为个人意见,请各自做出投资判断。本博客概不对任何投资盈亏负责。

感谢您访问本博客。欢迎再次使用。


© 2019 Retar