2019/01/24

Retar.jpが考える相場とは(6)・頼もしいスパンさんたち

2019/01/24

Retar.jpが考える相場とは(6)・頼もしいスパンさんたち

Meaning of the market we are thinking. No.6; Relabel Spans.

什么是投资市场? (6)。一目均衡表的Span同志们。

 

Today’s report is Japanese only.

前回まではろうそく足を「売る買う休む」の3つに分類する手法を紹介しました。

ルールは「雲、エンベロップから、ろうそく足(安値から高値まで)がタッチしていない時だけトレンド。それ以外は持ち合い。持ち合いの時には仕掛けない」ですね。

シツコイですね。ハイハイ。

ということで、ろうそく足を3つにカテゴライズできるようになったので、いよいよスパンの説明に入っていきます。

スパンとは、ろうそく足を3つにカテゴライズ出来なければ、絶対にできません。

3つにさえ分けられれば、意味のあるスパンを誰でも手法を変えて作ることができます。

具体的には「遅行スパンが雲抜けするとトレンドが出やすい」仕組みを理解していきます。

再びUSDJPYの年初のフラッシュクラッシュに登場していただきましょう。

今まで説明したことを理解できれば、簡単に「ろうそく足タッチ」の無い所とある所で、下落トレンド、上昇トレンド、休む(持ち合い)に分けることができます。

ろうそく足が「エンベロップと雲のアンタッチ部分」の下落トレンドから、「エンベロップと雲のタッチ部分」の持ち合いになり、再びアンタッチの下落トレンドに入りました。

chart1

 

相場ではボックス圏と持ち合いの部分をいいます。

と言うことで持ち合いの部分のろうそく足の高値と安値、持ち合いスタートからエンドまでにハコを書いてみました。

こうしてみると、ろうそく足はトレンドからボックスに入り、また、トレンドに出ていくことがわかりますね。

chart2

 

では、次にチャートに終値の実線を追加します。

つまり1日移動平均線です。

ろうそく足が「みづらいよ~」と言われるだけですが、こんなもんです。

chart3

 

今度は先ほどと同じようにハコを書いてみましょう。

ますます、チャート観察しづらくなりました。

ろうそく足の上に終値なので「こりゃ何じゃ」ですね。

chart4

 

では、今度は紹介中のシステムと同じように終値を過去に13日ずらしてみます。

重なっていた値段が矢印の地点まで過去にずれ、ろうそく足が見やすくなりました。

ここでの重要なポイントは、持ち合いから売りトレンドが出ると同時に終値の線がハコの中から外側に離れていった点です。

そして、もう一点、雲とエンベロップはハコの内側にあります。

chart5

 

今度は先ほどの離れのろうそく足を拡大します。

ろうそく足の終値との関係を対比するため13日過去にずらした終値に赤い線を入れています。

線は3営業日分入れており、下落トレンドから離れた日、持ち合い最終日、さらにその前日に向け引いています。

さてココで、いつものあれを思い出してください。

ルールは「雲、エンベロップから、ろうそく足(安値から高値まで)がタッチしていない時だけトレンド。それ以外は持ち合い。持ち合いの時には仕掛けない」ですね。

ルールを適応すれば、下落トレンドはシグナル2手目です。

一方、写像である、13日過去にずらした終値は点として存在しています。

下落トレンドに入った足、シグナルを出した足の時点で、13日過去にずらした終値は既にエンベロップ、雲の下に抜けています。

実際に抜けたのは、下落トレンドに入る2手も前です。随分と早くに抜けたと思いませんか?

なぜできたのかと言えば、エンベロップ、雲は先ほど赤く示したハコの内側にあるためです。

下落トレンド前に「下がるよ売ってね」とお知らせをしてくれる頼もしい奴です。

これが遅行スパンです。

chart6

 

一目山人さんは、スパンについて「虚々実々」と表現していますが、過去(虚)の値段が現在(実)を抜けるという点を均衡表上に見事に表現しています。

同様に先行スパンは未来にずらしたものです。

今回の挑戦ではスパン(実)が雲とエンベロップ(虚)を抜ける点を重視してシステムを練り上げています。

均衡(持ち合い)の崩れをできるだけ早くに捕らえ、別の均衡(持ち合い)に落ちつく前にトレードを完了するシステムです。

これでようやく、ろうそく足を必ず「売る買う休む」の3つに分類する意味がわかりましたね。

スパンの発明者である一目山人さんは、神にも等しい本間宗久さんに比類するテクニカルアナリストであると思っています。

いつも日本人で良かったと思うのは母国語で「一目均衡表〈完結編〉 (一目山人・1976)」が読めることです。

chartpo7

 

次回は、「システムは信号機」をテーマにお話しします。

 

★★レポート作成時データのダウンロード★★

ブログで使用したデータをダウンロードしていただけます。

内容により非提供の場合があります。

 

相場分析のリクエストがありましたら“Contact Us”からお知らせください。ご要望にお応えできるように努力いたします。

このブログはあくまでも個人的な見解であり、投資判断は各自でお願い致します。当ブログは一切の投資損益に対する責任を負いません。

ブログに来て下さってありがとうございます。明日もよろしくお願いいたします。

If you have some request to analyze, please write to “Contact Us”.

We do best effort for your request.

These are only personal opinions on this blog, and you need the investment judgment in each one. This blog doesn’t assume the responsibility to all the investment profit and loss.

Thank for watching our contents. My best regards next day.

如果您需要行情分析,请点击“Contact Us”联系我们。我们将尽力满足您的要求。

本博客仅为个人意见,请各自做出投资判断。本博客概不对任何投资盈亏负责。

感谢您访问本博客。欢迎再次使用。


© 2019 Retar